■大迫傑選手からのメッセージ

——今回、小中学生を対象としたランニングクリニックを行うことになりました。このようなイベントは続けていく予定ですか? また陸上とは今後どのように関わっていきたいと考えていますか?

 東京五輪までは自分が何もしなくても盛り上がると思いますが、その後も陸上界が盛り上がっていくために、またその中心になるような選手を育成する事で陸上界に関わっていきたいです。今回のイベントを通して、少しずつジュニアやその下の世代の選手と関わっていく事で、教え方のノウハウやその世代を見る目を養っていきたいので、この様なイベントは定期的に行っていきたいです。

——今回のイベントは小学生と中学生を対象にしています。この世代を対象にした理由は?

 自身が指導者になった時に、ちょうど指導が開始できそうな年齢だからです。現役中に始めた理由は、急に指導を始めるよりも、その前からその世代と関わり、知る必要があると感じたからで、また長期的な指導を実施したいという思いもあったからです。

——ランニングクリニックに参加する世代の子たちには、どのように競技に取り組んで欲しいと思っていますか?

 競技力自体を伸ばしていくというよりは、競技者としての人間性、例えば好奇心、探究心、意欲などを伸ばしていける様な活動をしてほしいです。

——大迫選手自身、長距離をやっていて楽しいと思える瞬間はどんな時ですか?

 他の競技よりも過酷な過程です。1つのレースに向けて約半年の間、1日も休まずハードなトレーニングを続けるわけですが、それを達成したあと、いかにプロセスが大事かということが実感できるし、解放感があります。

——過酷な過程があるわけですが、長距離を続けるモチベーションはどこに置いていますか?

 シーズン後に休みを取りますが、その時のご褒美だったり、結果を出してお金が欲しいということだったり、モチベーションはたくさんあります。

——今回の参加者にマラソンの魅力を伝えるとしたらどんなところですか?

 プロアマ問わず、マラソン後の達成感は全員共通だと思います。ゴール後には、きつい練習を乗り越えたことの達成感だったり、それまで我慢してきた事を解放できる解放感が湧き出てくるところです。

——最後に、今回イベントに参加してくれる方たちへのメッセージをお願いします。

 まだまだ走り出しですが、東京五輪のその先へ一緒に走り始めましょう!


■追加募集について
すでに定員に達したため受付は終了していますが、好評につき追加募集を行います。
追加エントリーの詳細は以下。

【エントリー期間】2018年5月9日(水) 昼12時〜 ※先着順で定員に達し次第、終了します
【募集人数】5組10名
【参加資格】小学校高学年~中学校2年生の男女 ※保護者同伴必須
【参加費】無料
【エントリーページ】https://dosports.yahoo-net.jp/events/75254 ※上記期間の開始以降にエントリー可能になります