五條吉野川シクロクロス

2019年10月6日(日)開催

エントリー受付終了

種目参加資格
C1エリート

JCF登録者及び未登録上級者
【参加費】3,000円、中学生:2,500円

C2スポーツ

中級者
【参加費】3,000円、中学生:2,500円

C3チャレンジ

他レースで3レース以上経験
【参加費】3,000円、中学生:2,500円

C4ビギナー

レース経験3レース目まで
【参加費】3,000円、中学生:2,500円

レディス1

レディス上級中級
【参加費】2,500円

レディス2

レディス初心者
【参加費】2,500円

アンダー12

小学5・6年生
【参加費】無料

アンダー10

小学3・4年生
【参加費】無料

アンダー8

小学1・2年生
【参加費】無料

2時間チームエンデューロ

1チーム2~4名
【参加費】6,000円/1チーム

E-bikeクラス

中学生以上
【参加費】3,000円、中学生:2,500円、レディス:2,500円

シクロクロスとは

競技は1周が2-4キロメートルの不整地の周回路で行われるが、始めに競技時間が規定され、周回数が競技中に決定される。1周目のラップタイムで規定された競技時間を除算して周回数が定められ、この周回数を最初に消化した選手が勝者となる。競技時間はロードレースに比べると短く、30分から1時間である。コースには人工の障害物(柵、階段など)が設けられ、必ず下車して自転車を担がなければならない部分が作られている。またシクロクロス特有のルールとして、ピットで自転車の乗り換えを含む機材交換が可能となっており、1人の選手に対して複数のピットクルー(アマチュア選手の場合、多くは友人)が代車を用意してピットにつくことが多い。使用機材は、上級カテゴリーではドロップハンドルの使用が義務づけられているなどの規定がある。ロードレースがチームでの連携や陽動などの複雑な駆け引きが戦術として大きく作用するのに対して、シクロクロスは選手個人の身体的能力や自転車の操舵能力が結果を左右する。 

競技方法

シクロクロス:1周約2キロメートルを、競技中に決定される周回数を最初に消化した選手が勝者となる。
チームエンデューロ:1チーム2名から4名で交代で2時間周回し周回数の多いチームから順位(シクロクロスとのダブルエントリー可能)
※チームカテゴリー:男子、女子、男女混合

定員

シクロクロス:各クラス50名 合計300名
チームエンデューロ:30チーム

受付

受付時間はカテゴリー別
各カテゴリーのスタート時間の20分前までの45分間

表彰

各クラス1位から3位に賞状。
各クラスで参加者が5名に達しない場合はクラス別賞は1位のみとなります。

参加賞

参加者全員に地元名産「柿」プレゼント

競技時間

C1エリート:60分
C2スポーツ:40分
C3チャレンジ:30分
C4ビギナー:30分
レディス1:30分
レディス2:30分
アンダー12:15分
アンダー10:15分
アンダー8:10分
チームエンデューロ:120分
 
※1周回距離:2.3km(アンダー10、アンダー8は1km)

注意

シクロクロス各クラスの周回数は初回ラップにより決定する。
着順判定の正確性を期すため計測チップを装着する。
※すべてのレースが終わりましたら、チップを受付に返却してください。返却が無い場合や紛失は10,000円お支払いいただきます。

車両規定

C1エリート、C2スポーツ・レディス1については、競技規則に則ったシクロクロスバイクで出走すること。(MTBでの参加は不可)
C3チャレンジ・C4ビギナー・レディス2以下とチームエンデューロについてはMTBでの参加は可とする。
(スタート時の安全確保の点から、MTBなどフラットバータイプの車両はスタート位置が後方になる場合があります。主催者の判断に従ってください)
チームエンデューロは、MTBでの参加は可とする。

タイヤ

シクロクロス競技におけるタイヤ幅は実測33mmを超えないことと規則で定められています。C1エリート、C2スポーツ・レディス1についてはこれに従ってください。
実測33mmを超える製造表記33mm以下のチューブラータイヤは認めます。

ヘルメット

C1エリート、C2スポーツカテゴリーについてはJCF公認シールのついたヘルメットを着用すること。
他のカテゴリーについても同等の安全性のヘルメットを着用すること。

大会ルール

本大会は本大会特別競技ルールによって実施します。
・各クラスとも周回遅れによる失格は行わない。ただし、(周回完走)先頭競技者がフィニッシュした時点で(周回遅れ選手を含む)全員が周回終了とする。
・割り込み走行や走行妨害などは他の競技者にとって大変迷惑になるばかりか大きな事故につながる恐れがあります、走行中万一蛇行した場合は失格とします。又競技中、走路上に物を捨てた場合も失格とします。
・競技中、競技役員から競走の中止を命じられた競技者は直ちに中止してください。
・各カテゴリーの定員は50名程度とする、参加者が多い場合、エリート以外は年齢により複数クラスに割り振りします。
・各カテゴリーのエントリーについては自己申告とします。ただし明らかに力量が違う場合は主催者から警告します。
・次回大会ではC2~C4クラスで3位以内入賞者はカテゴリーを1つ上げてエントリーしてください。
・チームエンデューロはチーム2~4人で一人ずつ交代でコースを走ってください。一人で何周走っても構いません。選手交代場所はPIT内にて行います。計測チップを必ず付け替えて走ってください。付けていないと計測できません。シクロクロスとダブルエントリーが可能です。
・地震・風水害・事件・事故・荒天(降雪、降雨、強風、雷等)・疫病その他の理由で、大会開催を中止・中断する場合があります。

その他注意事項

・ゼッケンと計測チップは受付にて誓約書と引換えにお渡しします。
・出走10分前までに選手待機場所に集まってください。
・表彰式は受付横で行ないます。3位までの方は残っておいてください。

緊急時の対応と連絡方法

監察、係員は事故に遭遇した場合は、後続選手に注意を促し連続事故の防止を確保した後、個人所有の携帯電話から直ちに本部へ状況を連絡。

大会中止判断

地震・風水害・事件・事故・荒天(降雪、降雨、強風、雷等)・疫病・災害等の理由で、大会開催を中止・中断する場合があります。
前日判断/17:00 栄山寺観測所が「氾濫注意水位」以上は中止
当日判断/6:00 警報または豪雨、栄山寺観測所が水位+2.5mの場合は中止

中止連絡

上記等により大会中止判断の場合は7:00に主催者より大会関係者に連絡し、同時に各関係機関への連絡も行う。

交通案内

最寄り駅:JR和歌山線五條駅
 
南阪奈道路葛城ICより国道24号経由で約30分
西名阪国道郡山ICより京奈和道、国道169号、24号経由で約50分
駐車場:あり 大会会場の河川敷(吉野川水辺の楽校)への入場はガードマンの指示に従い東方向から入場してください。

スポーツ傷害保険

参加者全員を対象に傷害保険(通院日数×2,500円、入院日数×5,000円、死亡後遺症障害500万円)に加入しています。この補償内容で不十分な方は、各自で別途加入してください。

コース

イベント・大会エントリーでTポイントが貯まる!使える!

大会詳細

主催者名NPO法人スポーツサイクリングFABU project
開催期間2019年10月6日(日)
エントリー期間2019年7月11日(木)~2019年9月29日(日)
開催場所奈良県五條市
開催エリア吉野川河川敷
種目シクロクロス、チームエンデューロ
関連サイトオフィシャルホームページ(外部サイト)
facebook(外部サイト)

お問い合わせ

事務局

名称NPO法人スポーツサイクリングFABU project
住所奈良県大和高田市内本町6-7 2F
電話0745-23-8822
FAX0745-23-8790
メールinfo@fa-bu.com
営業時間火曜日を除く平日11:30~15:00

関連ワード