N.S.PRO MODUS3 HYBRID Graphite On Steel Technology

日本シャフト

総合評価:★★★★★★☆6.0

メーカー 日本シャフト
ブランド N.S.PRO MODUS3
商品名 N.S.PRO MODUS3 HYBRID Graphite On Steel Technology
メーカー希望小売価格(税込) 27,000円
発売日 2019年10月25日
スペック キックポイント:元
トルク:2.7°
重量:92.5g
フレックス:S、TOUR S、X、TOUR X

カテゴリー別評価

飛距離

★★★★☆4.2

方向安定性

★★★★☆4.7

操作性

★★★★☆4.4

フィーリング

★★★★☆4.5

※詳細はmy caddie(外部サイト)のクチコミ平均点(総合評価は7点満点、カテゴリー別評価は5点満点)

新着クチコミ

  • けいじまん 2021/1/5 年齢:39歳 性別:男性 ゴルフ歴:4年~5年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:月に2回は行きます
    評価:★★★★★☆☆5.0 シャフト硬度「350チップ」 S(370tip)で感触を確かめて、Xを発注しましたが、
    数ヶ月経過して良く良くみると350チップ。どうりで打ちやすい訳でした。

    実はTourSの370チップもこの後、組みましたが、すぐにギブアップしました。

    どのみち、バルドUTに組んでいる時に、350チップではすんなり組立できたはずが、おかしいなと思いながら370チップは専用ソケットを拡大。ホーゼル径も拡大しなければ入らない状態でしたので、この時点で気付くべきでした。

    ヘッド:バルドコンペチオーネ568(2019) 21度
    長さ:39.5inch(ヒールエンド)
    バランス;D3.1
    総重量:368.6g
    振動数:335cpm(チップカットなし)

    さて、実際に打っていての感触ですが、先に普段はドライバーはHD6S(TourAD)、XC6S(TourAD)、テンセイCKプロオレンジ(60S)を使用しています。

    350チップは実にマイルドな印象です。先端径の細い分、最後にふわっと持ち上げてくれる動きもある中、叩ける感触も両立していました。

    350チップはXですがモーダス105Rの先端のマイルドさが残る。
    370チップ、Sでぎりぎりですが、TourSだとモーダス125Sのような先端の剛性感を感じます。後はDIハイブリッド95の剛性感にも似たような印象を持ちました。

    *元々、手首の故障で握力の低下もあり、350チップが振りやすく感じています。全体のシャフトの動きは凄く良いが、もう少し球を持ち上げてたいという場合には350チップは凄く良いのではと思いました。
提供:my caddie(マイキャディ)
N.S.PRO MODUS3 HYBRID Graphite On Steel Technology 【日本シャフト】N.S.PRO MODUS3 HYBRID Graphite On Steel Technology

おすすめのギア

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。