SM8 オールブラック ウェッジ

タイトリスト

総合評価:★★★★★★★7.0

2件中1〜2を表示

  • ジョンソン&ジョンソン 2021/10/5 年齢:51歳 性別:男性 ゴルフ歴:1年~3年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:月1くらいかな
    評価:★★★★★★★7.0 ロフト角「52-12F/56-12D/60-14K」、 シャフト「Dynamic Gold ONYX BLACK」、 シャフト硬度「S200」 52-12F/56-12D/60-14Kを購入し1年ほど利用してきました。この3本体制でいたところ、思うところがあり、58-14Kをつい最近購入したところです。

    SM8は、ライにヘッドをポンと置いた時に、フェースの傾きと振り感がロフトとソールグラインドタイプによって良い意味と悪い意味で大きく違いが出ます。

    同じ14Kでも、58と60ではかなり違い58はトー側が若干後方に持ってかれるのに対し60はほぼ真っ直ぐフェースが飛球方向に向くイメージです。
    私は58-14Kのバランスが好きです。

    私は52-12Fの振り感が大好きで、100y以内はほぼ全て52で用を足します。

    他方、薄いライや硬いバンカーなど用に56-12Dを所有していたのですが、スイング時のヘッドの挙動の安定性がないというかおそらくこれが操作性というのかと思いましたが難しく感じ、だんだん利用頻度が下がり、いつの間にかほぼ使わなくなっていました。

    60-14Kは結構気に入っていて、ほぼバンカー専用として利用していて、とても活躍してくれていたのですが、どうも利用頻度から勿体なさを感じ、この度58-14Kを購入し、52と58のウェッジ2本体制になりました。

    58-14Kの振り感が52-12Fと似ていると私は感じ、なおかつ58-14Kでバンカーも優しく打てるようになり、とても感覚的なところと、スイング手法的なところがとてもシンプルになり、精神的に非常に楽になりました。

    スピンに関してはどれも同じかなと思いました。
    特にすごくスピンが入るウェッジではないと思います。
    ただ、そもそもスピンがそんなに必要と思っていません。
    どうしてもスピンを感じたい時はボールを変えてたまに練習しています。

    この黒い塗装は使っていくと禿げてくるのですが、愛着と所有欲がどんどん湧いてきます。

    打感は私は大好きです。
    特に柔らかい打感とは思いませんが、フェースに乗る感じはスイングの上達につれて感じています。

    RTX4も持っているのですが、打感とスピン性能と振り抜き感に関しては圧倒的にRTX4の方があると思います。

    ただ、SM8の方が総合力と安心感で上回る印象です。
    結局のところ人それぞれの好みということだとに落ち着くかと思いますが。

    ご参考になれば幸いです。
  • BIRDIE72 2021/5/27 年齢:42歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:月に2回は行きます
    評価:★★★★★★★7.0 番手「48°52°58°」、 ロフト角「48°52°58°」、 シャフト「Dynamic Gold ONYX BLACK」、 シャフト硬度「S200」 まずオールブラックというネーミングとカッコ良さに惹かれて購入。
    やっぱSMシリーズ良いですね。
    SM6.SM7→クリーブランドRTX4とここ最近はこのようにわたり歩いて来ましたが、結局SM8に戻っちゃう始末^_^;
    打感、操作、距離感が良くフェースに乗る。
    グリップエンドまでブラックなので、打っているうちにボールしか見えなくなってくる感覚?か錯覚に落ちる(*_*)
    ある程度スイングは固まっているのでテイクバックも視野に入ってこないくらいボールに集中出来る(^^)
    またグリーンに仮置きしといても黒すぎてすぐ見つかる(^。^)
    まだラウンド1回ですがたくさんラウンドして味のあるウェッジにしたいですねぇ〜٩(^‿^)۶
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
提供:my caddie(マイキャディ)
SM8 オールブラック ウェッジ 【タイトリスト】SM8 オールブラック ウェッジ

売れ筋ランキング

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。