Approach R10

ガーミン

総合評価:★★★★☆☆☆4.0

メーカー ガーミン
ブランド アプローチ
商品名 Approach R10
メーカー希望小売価格(税込) 74,800円
発売日 2021年8月20日
スペック サイズ:88.5×70.25×25mm
重量:220g
使用時間:最大10時間

カテゴリー別評価

距離計測精度

★★★☆☆3.3

操作性

★★★☆☆3.4

サイズ

★★★★☆4.9

表示機能

★★★★☆4.5

使用時間

★★★★☆4.2

コストパフォーマンス

★★★☆☆3.7

※詳細はmy caddie(外部サイト)のクチコミ平均点(総合評価は7点満点、カテゴリー別評価は5点満点)

新着クチコミ

  • うぃね 2022/7/24 年齢:67歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:週一でプレーしてます
    評価:★★★★★☆☆5.0 R10の測定項目は、ほぼTrackManとかFlight Scope社の200万円位する弾道測定機と同じです。ただ、TrackMan(Flight Scope)でSwing Direction(H Swing Plane)、Swing Plane(V Swing Plane)と呼ばれる腰から腰のスイング軌道については、測定項目にありません。
    測定して気が付いたことの一つは、「スピン軸の傾き」と「フェーストゥパス」の向きが一致しないことがあることです。これは、どうもそれぞれの測定精度が高くないためのようです。
    https://support.garmin.com/ja-JP/?faq=kj37CgzvwM98hC9WPrIQm5
    上記のR10のホームページによるとフェーストゥパスを算出するクラブパスとフェースアングルの誤差がそれぞれ±4度、±2度あり、フェーストゥパスとしては、最大で±6度の誤差があります。
    一方スピン量については、計測精度が書かれていませんが、屋外の場合、ボールの弾道かスピン量(バックスピンとサイドスピン含め)を直接計測しているとのことです。(以上Garmin Japanに確認済み)
    アンテナの口径がTrackManの30㎝×30㎝(900平方㎝)に対し、R10 は9㎝×7㎝(63平方㎝)と面積で比較すると僅か7%しかありませんから、それを考えると測定精度が低いのは、仕方ないと思われます。それでも価格がTrackManが約200万円しますから、R10の価格(88,800円)は20分の1以下であり、画期的な製品であると思います。
提供:my caddie(マイキャディ)
Approach R10 【ガーミン】Approach R10

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。