Approach R10

ガーミン

総合評価:★★★★☆☆☆4.1

7件中1〜7を表示

  • Senji 2022/4/1 年齢:54歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:36m/s~40m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:週2以上!
    評価:★☆☆☆☆☆☆1.0 俺は、測定器が好きだ。なんかうまくなる気がする。本当は、trackmanかGC クワッドが欲しいが、さすがに300万円も出す気はしない。
    そこで、20万円以下くらいのものはたくさん買ってきた。
    俺が知りたいのは、ヘッドスピード、ボールスピード、スピン量なんだが、俺は庭にネットを張って練習しているので(ちなみにドライバーは近所の人に怒られたので打てない)、右にいったか左に行ったか弾道も知りたい。
    そうなると、スカイトラックしかなかった。
    しかし、スカイトラックは表示までに時間がかかるのと、ソフトが使いずらい。
    アメリカではソフトが充実しているのに、日本の代理店の縛りがきつすぎて、ラウンドできるソフト買うのにパソコン買わないといけないとか、ipadを変更しても代理店に連絡しなきゃいけないとか、使い勝手が悪いので、使わなくなった。

    一番、使ってるのは、voice cadie SC300だ。こいつは、反応もいいし、ボールスピード、ヘッドスピード、スピン量も出るし、反応も早いし、リモコンも便利だし、ソフトもいいので、文句ないので愛用しているが、弾道が右にいったか左に行ったか表示しない。練習場では文句ないが、庭のネットで打つとき少し物足りない。
    そこで登場したのが、こいつだ。
    前評判ではtrackmanと変わらないという。すごい。素晴らしい。すぐ予約だ。
    俺は、楽天やヤフーで検索したが、もう売り切れてた。ほしいほしいほしすぎる。
    なんと、ヨドバシカメラで売ってた!すぐ予約したら、すぐ来た。
    さっそく使ってみたが、とにかくめんどくさい。
    アプリのセットアップも、軸合わせも、スマホで確認するのも、めんどくさい。
    でも頑張って設定するが、本当かな、みたいな数字が出る。
    練習場にもっていって弾道を確認するが、かなりの頻度でスライスなのにドローと表示したり、逆だったりして疑心暗鬼になった。
    そこで、ウェッジで打って、軸を合わせたりするのだが、めんどくさい。
    その点、SC300はおくだけ。数字も大差ない。
    だんだん、使わなくなった。
    SC300だけでいいかな。
    でも、ヤフオクで買った値段より高く売れたので、品薄の間は買って試すのも悪くないと思う。
    忍耐強く設定すればいいのかもしれん。
    すまん。俺には無理だった。
  • 825 2022/2/6 年齢:51歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:80未満 平均ラウンド数:週2以上!
    評価:★★☆☆☆☆☆2.0 普段は屋外で弾道や飛距離が目視できる環境(練習場設置の飛距離表示がある程度正確である事はレーザーで確認済み)でスカイトラックを使っています。
    スカイトラックには無いアタックアングルやフェースパス・撮影機能だけでもまともに使えれば良いと思い購入しました。

    最新の状態にアップデートした上でスカイトラック(以下ST)と併せて使用してみました。
    今回は問題がないのでコースボールで計測しています(ロストボール1万個、っていうのを計測のために過去に購入しています)が、練習場の環境によっては絶対にコースボールを使ってはいけない練習場もありますので真似はしないでください。

    どちらの計測データ・計算値が絶対的に正確というわけでは無いのですが、あくまでも目視した実際の弾道と両者の比較です。
    (まだ動画撮影は行なっておりません)

    最初に気になったのはショットしてからデータが表示されるのが異常に早いです。
    鳥カゴでの使用も考えれば当然なのかもしれませんが実際に弾道を追っている距離・時間が短いのでしょう。
    表示データの多くは少ない計測情報からの計算値ということがよくわかります。
    なのでこの後はネガティブな内容になりますが、ソフト、ファームの今後のアップデート次第ではもっと使えるようになるかもしれません。

    実際に自分が求めていたフェースパスやアタックアングルは精度はともかくまあこんなものだろうと思います。
    後で書く内容からも正直言ってこのデータを信用してスイング改造に乗り出そうという気にはなりませんが。
    明らかにおかしなデータが出る時もありますがまあ多少のエラーは仕方ないと思います。

    ST・R10両者とも計測できる計測(計算?)データにはちょっと・・・と思うところが多いです。
    印象としてはHSが遅く出て初速は同等、スピン量が多く表示されます。

    なので例えばドライバーでHS42で初速67でミート率1.6、バックスピン量4500というようなあり得ない数値が出ます(履歴で調べるとミート率1.86なんてのもありました)。
    STだと同じショットがHS44.5初速66.5スピン量2300くらいで表示されます。
    ヘッドスピードが辛いのは百歩譲るとしてSTでのミート率1.5前後だとして、バックスピン量4500はあり得ないんですよね。
    おそらくバックスピン4500はミート率1.45以下くらいのロスのあるスイングじゃないと出ないと思います。

    私の場合6IですとSTだと大体バックスピン量が6000前後ですがR10は9000を超えてくることも多いです、8Iあたりは10000超え多発です
    なので実際の弾道・飛距離と比較しても計算上吹き上がった弾道とみなされているので飛距離として20yd以上少ない数値が表示されます。

    ちなみに30yd以下のアプローチでは10球打って全てサイドスピン0でした。

    実際どれだけの計測がなされていて、どれだけの数値が計算されているのかはわかりません。
    なので数値がおかしいのがアップデートのできないハード的な問題なのか?それともアップデートで対応できるソフト的な問題なのかは現状わかりませんが、少なくとも私の印象としては実際の落ち際までの弾道が見れない鳥カゴでの使用はムリってとこですかね。

    計算値で表示される部分が多いのであればまだデータ不足なのでしょうか?
    設置方法を変えてみるなど自分でできる事は試してみますが、今後のアップデートに期待です。

    ただ維持費も含めれば300万するトラックマンと同じ機能・精度をこの値段に求めるのは酷な事だと思いますが、今後ソフトで完璧とは言いませんがある程度でも対応しきれないならば、この値段だとしても売るべき商品ではないですね。
    文句があるならトラックマンを買え、ってところでしょうか?
    現状では安物買いの銭失いとなってしまいます。

    転売ヤーが沢山いるようなので購入は時期尚早だよ、という意味でも辛めにコメントしました。
  • 爺婆にゃん 2022/2/2 年齢:50歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80未満 平均ラウンド数:月1くらいかな
    評価:★☆☆☆☆☆☆1.0 かなりの数のデータが表示されますが、殆どの数値が狂っています。
    信頼できるデータはボール初速位です。
    ヘッドスピードは辛めですが正確に測れているが時々4〜5位低く出てスマッシュファクターが1.6とかあり得ない数値が出ます。入射角、スイングパスやフェース角なども他のデータも全く参考にならない数値ばかり、使っていてもストレスがたまるだけです。
    設置のアライメントの微調整を何度やっても表示される打球イメージ、データは全く安定せず。
    最新のver3.9に更新しても全く改善されず、今後のアップデートでの期待も無くなり放置しました。
    デタラメな数値は表示せずエラーになった方がましです。明らかに違った数値が表示され続けるとストレスにしかならず練習の邪魔でしかありません。
    手持ちのスイングキャディSC300を処分しようと考えていましたがこちらの方が圧倒的に良い商品です。
    購入後フリマに大量に出品されている時点で察していましたが今は手を出すべきではない商品です。
    アップデートで信頼できる商品になるまで待ったほうがいいです。
    その日は来ない可能性が高いですが笑
  • はっしぃ 2021/10/17 年齢:48歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:年に2回か3回です
    評価:★★★★★☆☆5.0 これは良いです。
    でも、上達したい!って人じゃぁないと心折れます‼️
    自分では良いと思っても、数字は思わしくない!
    思った数字がでない‼️

    上級者は違うと思うけどアベレージはこんなもんですわ(笑)

    これを糧に頑張ります‼️

    って思えない人は手を出さない方が身のため(笑)
  • motumk 2021/10/4 年齢:47歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
    評価:★★★★★★★7.0 発売日と同時に購入。
    もう何度も使ってのレポートとなります。
    現在のファームは3.60をベースにした使用感をお伝え出来ればと思います。
    まず、バージョン3.60で以下の修正が入っています。

    ・デバイス電源管理に関する改善
    ・ショット前のスイング誤検知に関する改善
    ・クラブパス測定信頼性の向上
    ・屋内でのスピン軸の傾き測定計算の改善
    ・屋内でのボール測定の改善

    気になっていたポイントはかなり良くなったと思います。

    一番気にして欲しいポイントはアライメントだと思います。
    ここがしっかり出来てないと、クラブパス等のデータがしっかり取れない事があります。

    逆球も初期ファームよりだいぶ改善された感じがしてます。
    たまに出る感じ位です。

    ヘッドスピードはキツめだと思います。トラックマンより1~2程度低く出てるかな。

    総合距離、キャリー、ボール速度、ヘッドスピード、打ち出し角、バックスピン量はトラックマンに近いと思います。

    クラブパス、アタックアングル等はこの3.60バージョンでかなり改善されたと思います。
    たまに??の数値が出ますが。
    明らかにエラーと使ってるうちに分かるので、その場合は気にしないでスルーしてます。

    この値段でこのデータ量は個人持ちとしては十分だと思われます。
    数十万、数百万する機材を導入出来る人の方が少ない中なで、7万円台で購入出来るガーミンR10は本当におすすめだと思います。


    練習の質が変わりました。
    家でゆっくりデータを見ながら次の課題を見つけることが出来る素晴らしい機器だと思います。

    今後のファームで、細かい部分の修正もされると思われますので、期待したいと思います。
  • もすら3 2021/10/4 年齢:57歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月1くらいかな
    評価:★★★★★★★7.0 待つこと約1カ月半。やっと納品され、早速試してみました。比較する高級機材は持ち合わせませんので、あくまで飛んでいく球と体感との比較ですが、概ね出た球どおりの測定結果になりました。ヘッドスピードはやや厳しめで、かつレンジボールの調整機能は無いので、若干不機嫌になる人がいるかもしれません(笑)。
    極端なアッパー軌道でアイアンを打ったり、スイングスピードが低いアプローチでは、クラブパスやフェースアングルが測定されないことはありました。極端にトゥ/ヒールに外して打った時のフェースアングルはちょっと疑問な数値が出ることも。また、各所レビューで言われているとおり、設置アライメントは難しいです。
    そういう細かい難癖しか出てこないくらい、総じて、企画開発者の意気込みがひしひしと伝わる、素晴らしい商品です。これが7万円は凄すぎる。
    インサイドアッパーを定着させてスピン量を減らせるように、練習します。
  • じじい侍 2021/8/23 年齢:57歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:週一でプレーしてます
    評価:★★★★★★☆6.0 発売前にYou Tubeにて内容確認しメーカーの発表前に予約をしました
    3回使用した感想です
    ★いい点★
    ・測定結果は精度が高い(You Tubeでもスカイトラックと差が僅差評価)
    ・小さい(練習場で目立ちにくい^^;)
    ・設置、操作が簡単
    ・電池が減りにくい(1.5時間使用して75%残)
    ・この価格でクラブパス、アタックアングル、フェイス角度が出るのは凄すぎる
    ★気になる点★
    ・設置自体は楽だが、精度を高くするためのアライメント出しが難しい

    私はクラブごとのキャリー確認、スウイング軌道の確認・修正のために
    購入しました。感想は『凄すぎる・たまらん!』です
    ネットでも『100切りの方からシングルの方まで』おすすめとの評価でした

    現在は入手困難との事ですが、皆さんの参考になればと思います
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
提供:my caddie(マイキャディ)
Approach R10 【ガーミン】Approach R10

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。