グライド 3.0 SS ウェッジ

ピンゴルフ

総合評価:★★★★★★☆6.3

メーカー ピンゴルフ
ブランド GLIDE
商品名 グライド 3.0 SS ウェッジ
メーカー希望小売価格(税込) 23,760円~
発売日 2019年9月6日
スペック ロフト角(バウンス角):46(12)、50(12)、52(12)、54(12)、56(12)、58(10)、60(10)
ヘッド素材:ステンレススチール

カテゴリー別評価

やさしさ

★★★★☆4.9

構えやすさ

★★★★☆4.9

操作性

★★★★☆4.8

打感

★★★★☆4.5

スピン性能

★★★★☆4.3

※詳細はmy caddie(外部サイト)のクチコミ平均点(総合評価は7点満点、カテゴリー別評価は5点満点)

新着クチコミ

  • walter 2021/9/27 年齢:38歳 性別:男性 ゴルフ歴:11年~15年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:週一でプレーしてます
    評価:★★★★★★☆6.0 ロフト角「54SS 58SS」、 シャフト「オリジナルスチールシャフト」、 シャフト硬度「S」 i210アイアンに合わせて購入した。
    i210アイアンはUW(50度)まで揃えている。

    ソールの形状は当初かなり迷った。54WSと58TSの組み合わせにしようと考えていた。
    実際購入したのは両者ともにSS。
    理由は以下。

    54度はフルショットもするため、i210のPWやUWとのバンスのつき方のバランスを考えて。バンカーにおいてもSSはバンス角が大きくあえてWSにする必要性を感じなかった。
    58度は主に球をあげることが目的になるクラブでバンカーショットもこなす必要性もあることからやはり万能なSSがいいと感じた。

    コースで使用しての感想はピンの寛容性はウェッジにも大いに活きているということ。ミスショットに強く、バックスピンもきっちり入る。
    打感も凄くいいわけではないがCTPのおかげでチューニングされた打感を味わえる。

    初代グライドWS、二代目はES、そして今回はSSと使ってきたが今回のグライドはSSが優秀だと思った。EYEソールは流石にやりすぎ。異形すぎる。
    2代目のESは非常に良い顔と性能なので特に残念。

    ピンアイアンの使用者はこのウェッジの投入がマストかと思う。
    繋がりも非常に良いし特にi210やi200との相性は抜群だと感じた。
    シャフトもピンのアイアンと同じもので統一すると違和感のないプレーができると思う。

    最後にデザインは凄く良いと思う、ピンらしい寛容性の高さを予感させるし、何よりも高性能であるという雰囲気がある。
    フカフカのバンカーでプレーすることが多い人は56度WSをお勧めする。SSはとにかく万能で、ソールの抜毛が素晴らしい、万人にお勧めできる。
提供:my caddie(マイキャディ)
グライド 3.0 SS ウェッジ 【ピンゴルフ】グライド 3.0 SS ウェッジ

売れ筋ランキング

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。