スピーダー 569 エボリューション VII

藤倉コンポジット

総合評価:★★★★★★☆6.7

メーカー 藤倉コンポジット
ブランド スピーダーエボリューション
商品名 スピーダー 569 エボリューション VII
メーカー希望小売価格(税込) 44,000円
発売日 2020年9月3日
スペック キックポイント:先中
トルク:4.8°
重量:52.5g、54g、55.5g、57g
フレックス:R、SR、S、X

カテゴリー別評価

飛距離

★★★★☆4.7

方向安定性

★★★★☆4.9

操作性

★★★★☆4.4

フィーリング

★★★★☆4.9

※詳細はmy caddie(外部サイト)のクチコミ平均点(総合評価は7点満点、カテゴリー別評価は5点満点)

新着クチコミ

  • Rei 2021/8/14 年齢:40歳 性別:男性 ゴルフ歴:4年~5年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:2か月に1回程度
    評価:★★★★★★☆6.0 シャフト硬度「569-S」 対象を限定したクチコミですみませんが購入記念に。

    SIM MAX、SIM MAX・D を所有し
    純正のTENSEI BLUE TM50 S で運用している方、
    多いと思いますのでその参考として。

    純正のTENSEI BLUE TM50 は相当いいシャフトで
    且つSIMMAXに合っているという感想を持っている前提です。

    純正シャフトでの自分の弾道は
    中~高弾道・ややドロー気味のストレート。
    練習場、レンジボールで240~250Y(くらい?)
    ユピテルGSTで平均HS46、
    ミート率次第ですがキャリー250~265
    中調子・振動数238

    以下シャフトを所持し、自分のケースだと

    Diamana RF 純正と大差ない・たまに捕まらない
    Diamana ZF 捕えないと捕まらない・フェードになる
    Speeder EVO 3 弾道高い・一発の飛びは凄いが左右どっちのミスも出る
    Speeder TR 棒・ドロップ・分かっていたが自分にはやはり無理
    他借りものでEVO5、CK Pro Orangeなど好印象でした。

    結局純正のTENSEIが一番安定するな~と思いつつ
    ATTASやEVO 6 7を試したいと思っていたこの頃に
    EVO 7 をたまたま中古で発見し購入。

    最初の2、3球はど低空ど左でドン引きしました。
    ただ、NETの評判通り奇数系譜なのに結構全体が撓るうえ
    先の剛性は少しあるにしても全体がしなる感覚はほぼ中調子。
    ダブルキックと評価をしている人がいるのも
    頷けるような撓り感で、すぐに慣れました。

    慣れれば中~やや高弾道も普通に打て、
    純正のBLUEがやや吹け上がりで失速気味だったのに対し
    EVO7は同じストレートかドローで打て、最高点手前でグンっと伸びます。
    HSも1~1.5くらい上がり、キャリーで6~10程度伸び、
    弾道的にランも増えるだろう球筋で飛んでいきます。

    7は出たが奇数は先調子、引っ掛けそう、振り遅れたら開きそう、フジクラ硬そう・・
    と敬遠している方、EVO7は先中とありますがそこそこ全体的に撓ります。
    TENSEI BLUEでもの足りない方、カスタム号として自分的にはおすすめだと思います。

    SIMMAX装着でBLUEのバランスがD2付近ですが
    EVO7ではC10~D0くらいになりましたので
    鉛調整も試して見ようと思います。

    もしかしたら純正のTENSEIシルバーや白でも似たような感想だったかもしれませんが、
    同じSIMMAX持ち、自分のようなミーハー素人でEVO7が気になる方の参考になれば幸いです。
提供:my caddie(マイキャディ)
スピーダー 569 エボリューション VII 【藤倉コンポジット】スピーダー 569 エボリューション VII

my caddie(マイキャディ)

my caddie(マイキャディ)

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。